春日市立春日小学校は地域の文化と伝統を愛し、意欲にあふれ、チャレンジし続ける子ども育成を目指しています
トピックス一覧
  • HOME »
  • トピックス一覧 »
  • ちょっといい話

ちょっといい話

人生で大切なことは全て小学校の校長室で学んだ(2)

希望の光 四方八方を壁で塞がれ、暗闇の中をもがく僕に、新しい広い世界への道しるべを示してくれた。 「学校へは来なさい、それが君の義務だから。しかしクラスへは行かなくていい。」 「君の居場所はここにある」 そう言って「校長 …

人生で大切なことは全て小学校の校長室で学んだ(1)

僕は小学生の頃、いわゆる「いじめ」で不登校になっていた時期がある。 不登校 小学6年の時だ。 僕は不登校に陥っていた。 不登校とは恐ろしく、一度外の世界を断ち家に篭ってしまうと、相当の荒療治がない限り、 外の世界に戻れな …

笑顔

笑顔。 それは、疲れた者にとっては休養、 失意の人にとっては光明、 悲しむ者にとっては太陽、 悩める者にとっては自然の解毒剤となる。 笑顔。 それは、どんな金持ちもこれなしでは暮らせない。 どんな貧乏人でもこれによって豊 …

師匠は子ども

私には心から尊敬できる師匠がいます。 近くに居るときも遠くに居るときもとにかく私に気付きと学びを与えてくれる。 今の私に必要な課題や問題を予告無しにもってきてくれる。 ご丁寧に成長するステージまで準備してくれるんです。 …

きみとの思い出がずっと心から離れない

「素晴らしい時間を過ごした。心の底から愛していた。」 イリノイ州に住む96歳のフレッド氏は、1ヶ月前に亡くした妻のロレインさんを想い綴った一篇の詩を書きました。 ふと新聞で知ったシンガーソングライターのコンテストに、曲は …

いのちに限りはありますか

いのちに限りはありますか 「親の死 あなたの過去を失うこと」 「配偶者の死 あなたの現在を失うこと」 「子どもの死 あなたの未来を失うこと」 「友人の死 あなたの人生の一部を失うこと」 (E.グロールマン) 生きていて、 …

どっちも正解、どっちも不正解

ある日、知り合いから電話がありました。 仕事の悩みごとの相談でした。 20代中盤の働き始めて数年の女の子です。   ================  いろんな理由から転職を繰り返し、 ようやくやりたかったウエディングの …

ええところ

背はひくいし、力もよわい。走るのもおそいし、声もちいさい。 100点なんて一回もとったことない・・・。 「わたしって、ええところ ひとつもないなあ」 そんな風につぶやくあいちゃんの気持ち、痛いほどよくわかる。 でも、そん …

僕がお母さんを選んだんだよ

あなたの息子は あなたの娘は、 あなたの子どもになりたくて生まれてきました。 生意気な僕をしっかり叱ってくれるから 無視した私を諭してくれるから 泣いている僕をじっと待っていてくれるから 怒っている私の話を最後まで聞いて …

金ピカの時計

大学が決まり一人暮らしの前日の日親父が時計をくれた。 金ピカの趣味の悪そうな時計だった。 「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」 そういってた。 大学二年生のある日、ギャンブルにハマリ家賃が払えなくなった。 …

Copyright © 春日市立春日小学校 All Rights Reserved.