幸せには三つあるといわれます。

ひとつ目の幸せは「してもらう幸せ」
赤ちゃんのとき誰もが、
お腹が空けば泣いたし、
オムツが濡れれば泣きました。

すると、
おかあさんが飛んできて、
おっぱいを含ましたり、
オムツを替えてくれました。
そのとき、私たちは幸せでした。

これが「してもらう幸せ」です。

ふたつ目は、自分で「できる幸せ」
字が書けるようになった、
一人で自転車に乗れるようになった、
サッカーがうまくなった、
なんでも自分でできるようになると、
偉くなった気がしてうれしいものです。

これが「できる幸せ」です。

そして最後は、人に「してあげる幸せ」
人に物を差し上げる、
何かして差し上げる、
相手の喜びをわが喜びとする、
そんな人は、人から好かれ頼りにされます。

「してあげる幸せ」は、
三つの幸せのなかでも最高の幸せです。

私たちも「してもらう幸せ」から
「できる幸せ」へと進み、
そして「してあげる幸せ」を
味わえる人生を送りたいものです。

1人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

【PR】