僕は小学生の頃、いわゆる「いじめ」で不登校になっていた時期がある。

不登校

小学6年の時だ。
僕は不登校に陥っていた。
不登校とは恐ろしく、一度外の世界を断ち家に篭ってしまうと、相当の荒療治がない限り、
外の世界に戻れない。
小学生でそうなのだから、20歳を超えてからの引きこもりを思うと、想像を絶する。
どのくらい経っただろうか、
我慢の限界に達した親父に強制的に学校へ引き戻される。
もうストレスで自我が崩壊しかけた。

自殺してしまった生徒の記事を、時折目にすることがありますが、あの気持は察します。

子供にとって学校と家庭が世界の全てなんです。
そのどちらでも居場所をなくしてしまうと、心の行き場がなくなってしまいます。
10歳そこそこの子供なんて、わがままで、そして未熟です。
いよいよ切羽詰まってきた時、校長先生が登場しました。
小学校の最高責任者です。
今まで挨拶ぐらいしかしたことがありません。

なんていうか、
今この話を書きながら校長先生や当時の情景を思い出すだけで、涙が出ます。
本当に素晴らしい校長先生でした。
あの人がいてくれたから、その後の人生を歩むことができ、
今の僕があると思います。

校長先生の一言

当時は八方ふさがりでした。

不登校の僕との生活に疲弊した母親
不登校に対して我慢の限界に達した父親
クラスが学級崩壊寸前となり迷走する担任
そして心が崩壊しかかっている自分自身

それまで一切姿を見せなかった校長先生が、両親と担任の話し合いに登場しました。

引きずってでも学校へ行けという父親
崩壊しかかってる事をわかっている上で、頑張ってクラスへ戻って来いという担任。

僕は何を頑張るんだろう?

大人たちとの話し合いから答えが見えません。
そんな状況下で校長先生が開口一番、
「学校へは来なさい、それが君の義務だから。しかしクラスへは行かなくていい。」
「君の居場所はここにある」
そう言って「校長室」を指さした。
学校でも家でも、僕に居場所なんてないと思っていました。
そんな僕に居場所ができた瞬間でした。

-つづく-

1人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

【PR】