娘と2泊3日の初のふたり旅を終えて、
『受け入れる』
ということを改めて学ばせてもらいました。

電車の中で
『ママがいい~o(T□T)o』
と、突然泣き出す3歳児を前に
『静かにしなさい』や
『周りに迷惑でしょ』は
無意味でした。
お菓子で釣ろうとしましたが
それもダメでした(T-T)
いろいろやった結果、
ダメだこりゃ…ということで
泣き止ますということを諦めて
抱っこしてデッキに移動、
そこで一緒にママがいいよねぇ~
と言いながらたっぷり泣かせました。
ひとしきり泣くと、
娘はすぐにケロっとして席に戻って
プリキュア見ながらご機嫌さんでした。

なんなんださっきまでの大泣きは…
とも思いましたが、
“泣き止ませたい”
というのはこっちの勝手な希望です。
でも目の前の現実は何をやっても
“変えられ”ません。
“変える”ことを諦めて
受け入れようとしたとき
現実が予想外に変化して
なんか全てがうまくいきました。

『受け入れなさい』と言われると
『我慢しなさい』と言われてるようで
なんか納得いかない気もしてましたが
今回の旅を通して
『もう諦めなさい』
と、娘から何度も言われてる気がしました。
諦めるって、
ときには新しい扉が開かれる瞬間
なのかもしれないと、
100%のワガママをぶつけられたときに感じました。

またふたり旅しようね~♪

「いいね!」と思われたらクリックをお願いします(^^)
【PR】