初めてのあかちゃんに無我夢中だった。
ろくに眠らず、夜鳴きもひどかった娘。

へとへとに疲れはてて、抱っこでゆすりながら
「あんたはママを苦しめたいの?ほんとにひどい子だ」
と悪態をついた日々。

赤ん坊の気持ちなんて、全然わからない。
母親の自信なんて、みじんもない。
ただ、もがくだけの日々。

あれから数年たって、娘は五歳になった。

「あのね、ママ」
「なぁに」
「あたしね、ママのこと、生まれたときからすきだったの」

あの頃の私が一番聞きたかった言葉。
やっと聞けた。

「いいね!」と思われたらクリックをお願いします(^^)
【PR】