真っ赤なお鼻のトナカイさんは~いっつもみんなの笑いもの~♪

このクリスマスソングはあなたも知っていると思います。

この歌はある家族への愛がきっかけとなり、
生まれた物語「真っ赤なお鼻のルドルフ」が題材となって作られ
たのはご存知でしょうか。

◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

真っ赤なお鼻のトナカイの物語は一人の少女の質問から生まれました。

シカゴに住むロバートは妻のエヴリン、娘のバーバラと
慎ましい生活をしていました。

しかしある日妻のエヴリンが病に倒れてしまいます。

ロバートの収入は十分なものでなく、
そこから治療費や薬代に消え、
助けてくれる人との出会いがない状態なので
生活はかなり苦しい状態になっていました。

そんな時、娘のバーバラがロバートにこう尋ねました。

「どうして私のママは、みんなと違うの?」

ロバートは幼い頃、体が小さくいじめられ、
貧しくて進学できず、現在も満足な収入がなく、
治療費や薬代で借金だらけ。

そんなロバートは娘にどう答えていいかわかりませんでした。

でもなんとか娘を喜ばせたい、安心させたい
との思いからある物語を即興で語り始めました。

生まれつき真っ赤な鼻をしていたトナカイ、ルドルフは、
その赤い鼻のせいでいつもみんなに馬鹿にされていて、
悲しくて苦しくて自信の無い日々を送っていました。

ところがあるクリスマス・イブのこと、8頭のトナカイがサンタクロースを乗せて出発しようとしたところ、突然深い霧が立ち込めてきました。

「こんなに暗くては煙突を探すこともできない……」
サンタクロースは暗闇の中で出発することもできず、困り果ててしまいます。

その時、8頭のトナカイを一目見ようと集まっていたギャラリーが、なにやら騒いでいるのに気付きます。

注目の的はギャラリーの中に居たルドルフ。

その赤い鼻がピカピカ光っていたからです。

これだ!

と思ったサンタクロースがルドルフに近づいていくと、
赤鼻を笑われていると思ったルドルフは悲しくて泣いていたそうです。

そこでサンタはルドルフにお願いします。 

「君はみんなとは違う。でも、だからすごいんだ。君のピカピカの赤鼻はみんなとは違うけれど、暗い夜道を照らすことができる。だから役に立つんだよ!」

その夜、先頭を走るルドルフの活躍によって無事にプレゼントが届けられ、一躍みんなが一番憧れるトナカイになりました。

あんなに嫌だった赤い鼻、コンプレックスでしかなかった赤い鼻のおかげで、
世界中の人気者になったルドルフ。

この年以来9頭でソリをひくようになり、その先頭で世界中に夢を運ぶお手伝いをしています。

ロバートは後にこう語っています。

「自分自身のコンプレックスを赤鼻のルドルフに託して、
神様に創られた生き物はいつかきっと幸せになることを、
幼い娘、病と闘う妻、そして自分自身に言い聞かせたかった。」

真っ赤なお鼻のトナカイは世界中から愛されるようになりました。

娘にせがまれて毎晩この話をするようになったロバートは、
娘へのクリスマスプレゼントとしてお手製の本にまとめ始め
ました。

プレゼントを買う余裕の無いロバートにとって、
それは娘や妻への心のこもった贈り物でしたが、

完成を目前にして妻がこの世を去ってしまいました。

悲しみに打ちのめされたロバート。

しかし、愛する娘を喜ばせるために本を完成させました。

数日後、会社のパーティーでロバートが
「真っ赤なお鼻のルドルフ」を朗読すると、
会場から割れんばかりの拍手が起こりました。

彼の会社(大手デパート)から240万冊もの本が宣伝用として、無料で配られることになり、この物語が世界中に広がっていきました。

やがて、ロバートの義兄弟によって作られた歌が、あのクリスマスソングです。

その歌は今も変わらず世界中の人々に愛され続けています。

作者の家族への想いが生んだ「真っ赤なお鼻のルドルフ」より

「いいね!」と思われたらクリックをお願いします(^^)
【PR】