大学が決まり一人暮らしの前日の日親父が時計をくれた。

金ピカの趣味の悪そうな時計だった。
「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」
そういってた。

大学二年生のある日、ギャンブルにハマリ家賃が払えなくなった。
途方にくれていた時ハッと気がつき、親父の時計を質にもって行った。
紛れもないニセモノであることが判明した。

すぐに親父電話した。

俺「おい!ニセモノを子供につかませんなよ!」

親父「あてになんねーだろ人のゆうことなんざ。
困った時にこそ裏切られるんだよ。
最後の頼みの綱になー。がはははは!これが俺の教育だよ。
でいくら必要なんだ?金に困ったんだろ?」

俺「・・・・あきれるわ。十二万貸してください・・・」

親父「明日振り込むから、何があったかは聞かない。
金がない理由は親にいえない事が多いわな!」
がはははは!女にでもはまったか?このバカ息子が!!ははは!!」

正直心底むかついたが、親父の声は俺を安心させてくれた。
今思うと、小さい会社だが経営者らしい教育だったのかなと思う。

往年の面影も消え、ガリガリになった親父が最近また時計をくれた。
まだ箱に入った買ったばかりの時計だった。
必死で笑顔を作りながらいった。

親父「金に・・困ったら質にでも・・・入れろや・・!」

オメガのシーマスターだった。

その日は俺の誕生日
俺「親父の時計はあてになんねーから質には入れない」
二人で笑った三日後、親父は死んだ・・・

親父が死んだ今も、金ピカの時計はメッキもはげたがまだ時を刻んでいる。

2人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。
【PR】