春日市立春日小学校は地域の文化と伝統を愛し、意欲にあふれ、チャレンジし続ける子ども育成を目指しています

第43回 九州地区難聴・言語障害教育研究会 福岡大会(第2次案内)

「いきいき先生」募集のお知らせ

令和元年5月1日

関係各位

第43回九州地区難聴・言語障害教育研究会
福岡大会 会長 福島 隆幸
(春日市立春日小学校長)

第43回 九州地区難聴・言語障害教育研究会 福岡大会(第2次案内)

 このたび、第43回九州地区難聴・言語障害教育研究会福岡大会を開催する運びとなりました。
つきましては、難聴・言語障害教育担当者および関係者、保護者、医療・保健福祉関係者など、多数ご参加いただきますようご案内申し上げます。

1 大会主題  「これからの難聴・言語障がい教育のあり方を考える」
          ~ 子どもや保護者のニーズに応える支援や連携をめざして ~

2 大会趣旨

 特殊教育が特別支援教育へと移行して12年。平成26年1月の「障害者の権利に関する条約」の批准を受け、「インクルーシブ教育システム」構築のため、合理的配慮を教育現場で実践していくために特別支援教育の充実を図ることが重要であり、その中で多様な学びの場としての通級指導教室を用意することや、担当教員の専門性の向上が必要であるとされています。
福岡県では、昭和43年、県内初の言語学級が福岡市に開設され、今年で52年目を迎えます。また、昭和54年に第4回九州地区難聴・言語障害教育研究会大会を福岡の地で開催し、今回で43回を数えます。その間に、九州各県の言語障害通級指導教室、難聴通級指導教室、難聴特別支援学級の設置数は増え、指導を受ける子どもの数も増加してきました。さらに、指導を受ける子どもや保護者のニーズは多様化し、よりきめ細やかな対応が求められています。
このような状況の中で、九州各地の会員や関係者が一堂に会し、教育実践の成果や課題について研究協議を深めることは大変意義深いことです。そして、これからの難聴・言語障がい教育のあり方や果たすべき役割について考えていく貴重な場としたいと思います。

3 主催  九州地区難聴・言語障害教育研究会  福岡県難聴・言語障害教育研究会 

4 後援

福岡県教育委員会   佐賀県教育委員会  長崎県教育委員会  大分県教育委員会
熊本県教育委員会        宮崎県教育委員会    鹿児島県教育委員会 沖縄県教育委員会
福岡県内難聴特別支援学級および難聴・言語障害通級指導教室設置市町村教育委員会
福岡市 北九州市 宗像市 古賀市 春日市  大野城市 筑紫野市 小郡市   久留米市
筑後市 大川市 大牟田市 みやま市 嘉麻市 苅田町 新宮町 粕屋町  志免町
須恵町 筑前町 川崎町
全国公立学校難聴・言語障害教育研究協議会   福岡県特別支援教育研究連盟
公益財団法人日本教育公務員弘済会福岡支部  NPO法人全国ことばを育む会
福岡県ことばを育てる親の会 一般社団法人福岡県言語聴覚士会  福岡言友会
(順不同)

5 期日   令和元年(2019年) 7月29日(月)~30日(火)

6 会場

1日目) 福岡リーセントホテル
       〒812-0053 福岡県福岡市東区箱崎2-52-1 ℡ 0120-80-7741
2日目) クローバープラザ
              〒816-0804 福岡県春日市原町3-1-7    ℡ 092-584-1212

7 日程
 《1日目》 7月29日(月)

12:00~
12:50
13:00~
14:00
14:10~
16:10
16:25~
17:25
18:00~
20:00
受付 開会行事
九難言総会
記念講演 親の会代表者会 交流会
各県代表者会

《2日目》 7月30日(火)

9:30~
9:50
10:00~
12:00
12:00~
13:00
13:00~
15:00
15:10~
15:30
受付 分科会
( 提 案 )
昼 食 分科会
研修協議
ミニレクチャー
閉会行事
9:00~9:50
分科会打合せ

8 記念講演

【 演題 】 「吃音の合理的配慮を考える」
【 講師 】    菊池 良和 先生

九州大学病院耳鼻咽喉科医師
医学博士
福岡言友会会員

☆主な経歴
1978年山口県生まれ。自身、吃音に悩まされていたことから医師になることを決意。九州大学医学部卒。同大学院修了。宗像水光会病院研修医を経て、九州大学医学部耳鼻咽喉科入局。九州大学大学院臨床神経生理学教室で吃音者の脳研究を始め、国内外の学会で発表した吃音の脳研究に対して学会各賞を3度受賞している。現在は九州大学病院勤務。一般診療のほか吃音者の診療にもあたり、また講演活動など、吃音の啓発に取り組んでいる。

☆主な著書

『ボクは吃音ドクターです。』(毎日新聞社)
『エビデンスに基づいた吃音支援入門』(学苑社)
『吃音のリスクマネジメント―備えあれば憂いなし』(学苑社)
『小児臨床のエッセンス―初回面接のテクニック』(学苑社)
『健康ライブラリー イラスト版 吃音のことがよくわかる本』(講談社)
『子どもの吃音ママ応援BOOK』(学苑社)
『吃音ドクターが教える人と話すのが楽しくなる本』(KADOKAWA)
『吃音の世界』(光文社)

9 分科会

分科会 提案者・司会者 提案内容




    「構音」

《テーマ》
構音に誤りのある子どもをどうとらえ、どう支援していくか

【助言・ミニレクチャー】
聖マリア病院
リハビリテーション室
副室長  中島 栄子 先生



【提案】
都城市立明道小学校
教諭 関谷 香代子
【司会】
えびの市立加久藤小学校
教諭 三浦 弘子
小1女児 児童が意欲的に取り組みながら「ツ」「ザ行」音に誤りのある音の改善を図っていく指導の事例


【提案】
日田市立日隈小学校
教諭 佐藤 隆博
【司会】
大分市立宗方小学校
教諭 栁井 洋子
小6女児 5年生2月より通級主に、「チ、キ」「チェ、ケ」の置換。控えめな本児にもっと自然に話ができるようにと願い関わった構音指導




    「吃音」

《テーマ》
吃音のある子どもをどうとらえ、どう支援していくか

【助言・ミニレクチャー】
九州大学病院
耳鼻咽喉科
医師  菊池 良和 先生

鹿


【提案】
鹿児島市立中郡小学校
教諭 下園 優子
【司会】
霧島市立宮内小学校
教諭 古市 智子
吃音について話し合うことが、吃音への向き合い方をともに探っていくことにつながると考え、対話を重ねてきた取り組みの報告




   「言語発達」

《テーマ》
言語発達に課題のある子どもをどうとらえ、どう支援していくか

【助言・ミニレクチャー】
福岡県教育センター
指導主事 都  理香 先生
指導主事 相浦 愛子 先生



【提案】
大野城市立大野北小学校
教諭 奥西 道代
【司会】
大野城市立大野北小学校
主幹教諭 龍 求
小2男児 小2より通級開始

状況把握の苦手さを軽減する指導の工夫についての報告



【提案】
諫早市立諫早小学校
指導教諭 汐除 敦子
【司会】
佐世保市立相浦小学校
教諭 糸山 俊子
小2男児 語彙や会話等に課題があった児童への実生活で使う言葉の獲得や活用を目ざした指導の実践報告




    「聴覚」

《テーマ》
聴覚に障がいのある子どもをどうとらえ、どう支援していくか

【助言・ミニレクチャー】
福岡国際医療福祉大学
言語聴覚専攻科
教授  平島 ユイ子 先生



【提案】
伊万里市立大坪小学校
教諭 谷貝 香織
【司会】
佐賀市立赤松小学校
教諭 毛利 久美
小5男児 先天性感音性難聴、自閉症スペクトラムの診断、文章表現を苦手としている児童が、自分の気持ちを豊かに表現できるまでの指導の工夫の実践報告


【提案】
沖縄市立山内小学校
教諭 國吉 リカ
【司会】
那覇市立神原小学校
教諭 照屋 則子
小5男児 高度感音難聴 小1より難聴学級在籍

本児への難聴理解授業と本児と共に行った難聴啓発授業の報告





    「連携」

《テーマ》
子どものために、どう連携し支援していくか

【助言・ミニレクチャー】
国立特別支援教育総合研究所
研修事業部
上席総括研究員 牧野 泰美 先生



【提案】
熊本市立日吉小学校
教諭 嶋﨑 弘美【司会】
熊本市立日吉小学校
教諭 中村 治
ことばに不安のある子どもたちが、安心して生活するために、保護者、担任、親の会、関連機関等との連携を図る取り組みの報告

10 大会参加申し込み

(1)別紙「参加申し込みと宿泊のご案内」をご覧になり、WEB登録にてお申し込みください。WEB登録ができない場合は、FAXにてお申し込みください。

参加申し込み締め切り 5月31日(金)

○ 大会参加費( 資料代 含む )  4,000円

※ 交流会            5,500円

<参加・交流会・報告書・昼食・宿泊などのお申込み・お問い合わせ>
第二次案内 紙面をご参照ください。

11 その他

○ 全体会(1日目)の受付について
12時から、福岡リーセントホテル、「舞鶴の間」前にて、全体会の受付を行います。
開会行事が13時に始まりますので、受付業務がスムーズに行えますようご協力をお願いします。
○ 各県代表者会について
大会1日目、全体会終了後、福岡リーセントホテル、「桔梗の間」にて行います。
九州各県の会長および常任委員の参加をお願いします。各県から必ず1人は、ご参加ください。
○ 各県親の会代表者会について
大会1日目、全体会終了後、福岡リーセントホテル、「研修室」にて行います。
九州各県の親の会代表者の出席をお願いします。
○ 交流会について
別紙「参加申し込みと宿泊のご案内」に詳細を載せていますので、ご覧の上、お申し込みください。
○ 分科会(2日目)の受付について
9時30分から、クローバープラザのクローバーホール前にて受付を行います。
なお、分科会会場については、大会1日目にお知らせします。
〇 大会事務局ホームページは、下記の春日市立春日小学校ホームページ内に開設しています。
台風等大会日程の変更につきましても、ホームページでお知らせいたします。

<大会に関するお問い合わせ・連絡先>

≪ 第43回 九州地区難聴・言語障害教育研究会 福岡大会 事務局 ≫
春日市立春日小学校 通級指導教室
〒816-0851 福岡県春日市昇町1-120 いきいきプラザ内
教室直通 TEL   092-513-1766
FAX   092-513-1767
e-mail kasuga.tsuukyuu@gmail.com
学校代表 TEL      092-581-0414
FAX     092-581-1786
大会事務局HP  春日市立春日小学校HP http://www.kasuga-school.com/

大会会長 福島 隆幸 (春日市立春日小学校 校長)
事務局長 古賀 健一 (春日市立春日小学校 通級指導教室)

 

 

お問い合せ・応援メールはこちらから TEL 092-581-0414

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 春日市立春日小学校 All Rights Reserved.