P1190571 P1190573

P1190575 P1190577

P1190579 P1190582

P1190586 P1190591

P1190595 P1190600

P1190602 P1190606

P1190609 P1190610

P1190613 P1190614
6年1組は,国語科で,作者の意図をとらえ,自分の考えを発表しよう「笑うから楽しい/
時計の時間と心の時間」の授業の全体研修会がありました。

子どもたちは,筆者の主張や学主課題を振り返り,「中村さんが挙げている事例について,自分の
考えをもとう」というめあてをつまみました。

学習の見通しをもつために批評読みの仕方や,事例の順序・書き方・数の観点を順序よく
つかんでいきました。

事例に納得できる子は赤シール,納得できない子は青シールをはり文にアンダーラインを引いて
自分の考えをノートに書いていきました。

その後,考えを発表し合い,批評読みの仕方を振り返り,まとををしました。
授業後は,図書館で授業反省会をしました。

授業者の井口先生が自評を言った後,質問をしたり,各学年に分かれて,授業の手立てのよさ,
課題・改善点について話し合いました。

学年毎の発表では,「ていねいな授業ができた。考えが発表できた。時間に限りがあった。」等の
意見が出されました。

最後に講師の福岡教育大学附属久留米小学校の先生から,発表の態度のよさや,黒板の板書のよさ,
今日の授業のよさや課題についてお話がありました。

今日の国語の提案授業は,これから各学年の国語科・算数科の授業に生かしていきます。

6人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

【PR】