P1350358 P1350359

P1350360 P1350362

平成30年2月13日(火)午後2時から3時までは,後期学校評価委員会。
教頭のはじめの言葉,評価委員長の二階堂先生の話,校長の話の後は,伯川先生の説明。

学力育成では,学校・保護者は3以上,地域ではボランティア協力が2・5。
心力育成では,学校は3・2以上,保護者は手伝い・地域行事参加が3未満,地域はほぼ3。

体力は,学校・保護者ともに3以上。
安全力は,学校が3・5以上,保護者は身の守り方が3未満・安全登下校は3・3,地域は2・8。

その他の項目や,学年の評価報告も行いました。
その後,春日中央保育園の庄山園長から不登校対応について質問があり,「保護者から連絡がないと学校から連絡をします。

家庭と連絡がつかない時は,家庭訪問をします。関係機関と連携する場合もあります。
親に協力していただいて,すこしずつ改善している 所です。」と校長が回答しました。

中学校の教頭先生からは,「進路があるので中学校でもチームを組んで取り組んでいます。」とお知らせがありました。

森の木幼稚園の白水園長からは,「あいさつがすばらしい。評価のまとめ大変でした。」と激励の言葉をいただきました。

学校運営協議員の三与木さんは,「春日小学校HP充実して,年間1万人以上の閲覧者がいます。
来年度もHP担当者を配置してほしい。」と 要望がありました。

これらの意見や,後期評価の課題は,来年度の学校で改善をして参ります。

2人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。
【PR】