p1210452   p1210453

p1210455  p1210456

p1210460  p1210462

p1210468  p1210469

p1210473 p1210474

p1210479 p1210480

p1210487 p1210488

p1210489 p1210490

p1210491 p1210492

p1210494 p1210495

p1210499 p1210502

p1210504 p1210505

平成28年10月25日(火)3校時は,2年2組岡本学級の算数科部研「かけ算」の授業。
問題から,考え方を確かめて,めあてをつかんでいきました。

めあては,「問題にあう式を立て,全部の数を求めよう」
子どもたちは,図をかいたり,式を立てたし算の式をかいたりして,答えを求めました。

実際にブロックで答えを確かめる子もいました。
1回目のペア交流,全体交流で,5×8=40,答え40本の求め方の確認をしました。

そして,たし算の式と比べて,かけ算は簡単に表せるというポイントをつかみました。
2回目の問題は,「4皿分,3匹ずつの魚」という問題だったため,ほとんどの子が,
4×3と誤った式をかいていました。

そこで,「3匹ずつと・・・」と岡本先生が確かめたので,3×4の式に気づきました。
「3匹ずつ4皿分で,12匹。」を正しく式に表すことができました。

2回目のペア交流や全体交流で,「3匹ずつ4皿分」の考えから式を立てるやり方が分かりました。最後に,まとめを書いて,今日の学習の振り返りをしました。

子どもたちが良かったのは手の挙げ方,待つ態度や書く姿勢,ペア交流の時に図や式を示しながら説明する点,図の書き方などがすばらしかったです。

1人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

【PR】