水泳の学習で一番大切なこと

いよいよ水泳の学習が始まります。先月29日には、6年生のみなさんが協力してプール掃除をがんばってくれました。水の中を歩いたり泳いだりすることは体全体を使う運動なので、体を鍛え、体力をつけることができます。また、泳げるようになっておくと、もしも海や川に落ちてしまった時に自分の命を守ることにもなります。6月7日(金)のプール開きでは次の話をしました。

 

◆ 水泳の学習で一番大切なことは安全です。水の中でふざけたり、プールサイドを走ったりしてはいけません。前の日に夜遅くまで起きていたら体の調子が悪くなって、事故につながりやすいのでプールに入れません。早寝早起き、規則正しい生活で体の調子を整えることも、プールで安全に学習するために大事なことです。

もう一つは、自分のめあてを決めてがんばるということです。2年生以上の人は、去年の水泳の学習を振り返って、自分の目標を決めましょう。1年生のみなさんは、学校のプールは初めてですが、先生のお話をよく聞いてがんばりましょう。

 

子供たちが、毎日、早寝早起きをして、朝ご飯をきちんと食べて、体の調子をしっかり整えておくことができるよう、各ご家庭での働きかけをどうぞよろしくお願いいたします。今年の水泳の学習が、安全で、楽しく、子供たちの心と体を鍛えるものになるよう期待しています。

この記事が「いいね!」と思ったらクリックお願いします(^^)
+9