第三の大人として

5月11日(土)、春日小おやじの会の主催により、4年生自転車教室練習会を実施していただきました。対象は、自転車に乗れない又は自転車の運転が不安な4年生と保護者で、当日は21名の子供たちが参加しました。

おやじの会やPTA本部、安全力育成部、保護者の皆様の支援や励ましにより、参加した子供たちは自転車を運転する技能や自信を身に付けていきます。参加した子供たちにとって、自転車に乗れるようになったうれしさ、自分を励ましてくれた地域や保護者の皆様の存在は、一人一人の心の原風景になることでしょう。

\

 

このような機会に、地域や保護者の皆様が、ご自身の子供以外の子供と声をかけられる関係になることは素晴らしいなと思います。子供たちにとって、自分が関わる大人は、家族以外は教師であることが多いと思いますが、社会全体を見ると、親や教師以外の大人(第三の大人)との関わりが人間的な成長にも大きな意味を持ちます。地域の大人とふれあう機会が少なくなっている現在、これからも地域や保護者の皆様が、第三の大人としてご自身の子供の友達にも声をかける等、積極的な働きかけをしていただけるとありがたいと思います。

この記事が「いいね!」と思ったらクリックお願いします(^^)
+8